2012年6月29日 « トップへ » 2012年12月27日

2012年12月21日

自分の歯で一生食べて欲しい

こんにちは。あづさ歯科医院・院長の小林哲です。私たちの歯には、本来自然な輝きと美しさがあります。たとえ虫歯治療をしたとしても、削る量を最小限に抑えることができれば、この美しさを保つことができます。
自分の歯で一生食べて欲しい

当院では、ダイレクトボンディングを中心とした、出来るだけ削らない治療を心がけています。歯が丈夫できれいな方は、いくつになっても若々しく、シャキッとしています。ところが、虫歯や歯周病があると、口腔内の痛みや腫れだけでなく、心臓病や糖尿病を併発する恐れまであります。また歯を失った人の中には、痴呆症・脳梗塞を発症している方も多数みられます。

一度失った歯は、二度と生えてきません。つまり、歯は一生ものです。だからこそ、ご自分の歯を大切にしていただきたいです。私も、歯磨き指導や歯のクリーニングなど定期健診を通じて、皆さまの大切な歯を守るお手伝いをさせていただきますので、一緒に頑張りましょう!
 

「時は金なり」患者さまに言われてはっとした

「時は金なり」患者さまに言われてはっとした当院は東京・千代田区神田のビジネス街にあります。仕事の合間を縫って来られるビジネスマンも多く、患者さまのお時間を無駄にしないために、お待たせしないように心掛けています。

患者さまの時間を大切に
ずいぶん昔になりますが、こんなことがありました。ある会社員の患者さまを10分程待たせてしまったのです。お恥ずかしい話ですが、顔馴染みの方でしたので「少しぐらい遅れても大丈夫」という気持ちがあったと思います。
しかし、そんな甘い考えは通用しませんでした。患者さまは憤慨され「先生、"時は金なり"だよ」と、仰って帰られてしまいました。この一言で、"はっ"と目が覚め、時間の大切さを痛感しました。
それからは、患者さまをお待たせしないように、常に肝に銘じています。

人に信頼されて、やさしい歯医者でいたい

人に信頼されて、やさしい歯医者でいたい歯科医療の基本は、人と人の繋がりです。私は患者さまやスタッフとのコミュニケーションを大切にしながら診療にあたってきました。

常に感謝の気持ちを忘れずに
長年通院してくださる患者さまからは、「先生のお人柄やスタッフさんが大好きなんです」と、嬉しいお言葉をいただくことがあります。今日のあづさ歯科医院があるのも、こうした地域の皆さまやスタッフに支えられているからこそです。
常に感謝の気持ちを忘れずに、患者さまに信頼されるドクターを目指していきたいと思います。

一人ひとりに合った適切な治療を
お口の中の状態が一人ひとり違うように、治療方法も患者さまによって異なります。今、求められる治療は、そうした患者さまに合わせたオーダーメイド治療です。こうした治療は、患者さまと向き合い、虫歯や歯周病の原因や生活習慣などを把握しなければ、実現できません。
一人ひとりに合った適切な治療を行うために、コミュニケーションを重んじた治療を大切にしています。

経歴

あづさ歯科医院 院長 小林哲あづさ歯科 院長 小林哲

1990年 日本大学歯学部卒
1990年~1993年 日本大学歯学部 クラウン&ブリッジ講座 勤務
1993年~2002年 医療法人社団日瑞会 長谷川歯科 勤務
2002年 あづさ歯科 開院

【拡大鏡】治療の精度を高める拡大鏡

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。特に歯の根は複雑な形状をしている上に、肉眼では確認できないため、ドクターの技術力に左右されます。
拡大鏡

当院では、歯科用拡大鏡(テレスコープ、ルーペ)を使用した、精度の高い確かな治療を行っています。これにより、今まで確認できなかった微小な虫歯感染まで確認でき、削る量も最低限に抑えることができるようになりました。

拡大鏡とは?
歯科用拡大鏡(テレスコープ、ルーペ)とは、歯を拡大して見るための虫眼鏡のような道具です。肉眼では見えなかった歯の微細な凹凸、隠れた根管、補綴物と歯肉の間の隙間などが確認でき、削る量も最低限に抑えることができます。拡大鏡の使用により、診断の正確さが高まり、より安全な治療方法やアプローチが可能になります。

さまざまな治療で活躍する拡大鏡

拡大鏡虫歯治療では?
●虫歯になっている部分を確実に見極められる
●削る量を最小限にできる
●隙間なく詰められるから再発を防止できる
●本来抜歯しか方法がない場合でも歯を残せる可能性が飛躍的に上がる

虫歯を作らないためには、削った部分を隙間なく詰めることが欠かせません。拡大鏡を使うことで高倍率で確認しながら治療が進められるため、削る量を最小限に抑えることができます。的確な診断と正確な治療は、再治療を減らすことにも繋がりますので、生涯における通院回数を減らす上でも重要といえるでしょう。

根管治療では?
●確実に治療の成功率が高くなる
●歯を残せる可能性が高くなる

根管治療はマイクロスコープを使用しながら行うのが一般的です。根管内は肉眼では見えないため、今までは手探りで治療を行っていました。拡大鏡を使うことで、隠れた根管までも確認できるようになり、より確実な治療を行うことができます。

審美歯科では?
●天然歯を見間違える美しい仕上がり
●わずかな不適合部分も見逃さず、長持ちさせることができる

肉眼では見えない微細な隙間が残ったまま詰め物や被せ物を入れると、そこから細菌が侵入して歯の状態を悪くさせる恐れがありました。拡大鏡の使用により、不適合が改善され、より完成度の高い審美歯科治療が可能になります。

外科処置において(歯周外科、インプラント、抜歯など)
●治療後の痛みや腫れが少なくなる
●髪の毛よりも細い糸で傷口の縫合する
●インプラント治療においても良好な結果を得られる

拡大鏡を使うことで、非常に小さいメスを用いた手術が可能です。傷口の縫合も髪の毛より細い糸を使うことができ、術後の痛みや不快感を抑えることができます。

また、外科手術のストレスやリスクを最小限に抑えることができます。最小限の施術により術後の腫れや痛みが抑えられ、従来の手術よりも傷口の治りも早まるといったメリットもあります。特に審美性を重要する前歯のインプラント治療では、重要な役割を果たしているといえるでしょう。

【入れ歯】ぴったり合う入れ歯をお探しの方へ

「入れ歯の間に食べ物が入って痛い」「入れ歯が合わないから使わない」
入れ歯

このような、入れ歯にまつわるトラブルを抱えている方はいらっしゃいませんか?
当院では、患者さまのご要望に合わせた、丈夫で長持ちする入れ歯をご提供しています。お口の状態に合わせて作りますので、精度が高く、ぴったりフィットする安定感があり、装着時の痛みやズレがほとんどありません。

このページでは、当院の入れ歯についてご説明いたします。

患者さまに合った快適な入れ歯をご提供いたします

患者さまに合った快適な入れ歯をご提供いたします入れ歯には一般的に二種類あります。一つは、保健が適用できるもので、もう一つがノンクラスプデンチャーを始めとする、自費でお作りするものです。これらは使用する素材・構造などにより、耐久性や特徴が異なります。

入れ歯の感覚に慣れていただくことが大切
初めてお作りするときは、高価な入れ歯を作ることよりも、入れ歯に慣れることの方が先決です。当院では、入れ歯の感覚に慣れていただくために、保険でお作りする入れ歯をおすすめします。さらに、安定感や装着感を重視される方には、自費でお作りする入れ歯をご提案いたします。その中でも金属床は、優れた安定性・耐久性・装着感があり、長期に渡り快適な状態でお使いいただけます。

ご提案の際には、各入れ歯の特徴やメリットに加えて、デメリットもきちんとお話しています。
患者さまのご要望に合わせたご提案をいたしますので、遠慮なくご相談ください。

【矯正治療】歯並びが気になる方へ

矯正歯科治療は、悪い歯並びや噛み合わせを治す治療です。そのため、多くの方は歯並びだけをキレイにする治療が矯正治療だと思われているようです。
矯正治療

矯正治療の本来の目的は、歯並びを整えることで、正しい噛み合せへと導くことにあります。さらに、咀嚼機能の改善や、あごの運動や発音、顔や骨格の歪みの解消、全身の健康などを向上させる役割があります。

このページでは、当院の矯正治療についてご説明いたします。

矯正治療の無料カウンセリング

矯正治療の無料カウンセリング矯正治療を検討している方のために、無料カウンセリングを実施しています。カウンセリグンでは、患者さまのご要望やお悩みを伺いながら、治療内容や治療期間、治療費用などについての概略を説明いたします。

カウンセリングを受けたからといって、すぐに治療を始めるわけではありません。治療についてご理解いただき、矯正治療を希望された方は、精密検査を受けていただきます。

治療についてよく分からない、何となく不安がある、あるいは矯正治療に関心がある方は、お気軽にご相談ください。

目立たない装置

矯正治療の無料カウンセリング矯正装着が目立って気になる。そんな方に最適な矯正治療が、舌側矯正・裏側矯正です。


幅広い年齢層の方に対応できます
舌側矯正・裏側矯正とは、リンガルブラケットと呼ばれる装置を使った方法で、歯の裏側から装着するので、誰にも知られずに矯正治療ができます。子どもから大人まで、幅広い年齢層の方に対応でき、最近では女性や営業職の方などが、この矯正治療を受けています。なお、治療期間や治療結果は、表側の矯正治療と同様です。

舌側矯正・裏側矯正の特徴
・他人にも気付かれにくい
・普通の矯正装置と同じ結果が得られる

【歯周病治療】歯ぐきの状態が気になる方へ

歯周病とは、歯を支えている骨や歯肉の病気です。歯周病予防の第一歩は、歯周病について正しい知識を身に付け、毎日の手入れをきちんと行うことです。大切な歯を守るためにも、歯周病についての理解を深めましょう。

歯周病治療

このページでは、当院の歯周病治療についてご紹介いたします。

こんな方はぜひ歯周病治療を
・歯肉が腫れている
・歯肉が赤い、または紫がかっている
・口臭がする
・虫歯でもないのに歯がグラグラしている
・歯と歯の間の隙間が大きくなって食べ物が挟まりやすくなった

【歯周病とは?】「歯周病」の基礎知識

「歯周病」の基礎知識●成人の80%以上が歯周病
●ストレスや喫煙は歯周病の原因

歯周病は、歯を失う原因のトップに挙げられている、お口の中の病気です。厚生労働省の調査によると、日本人成人の内、約80%が歯周病に感染していると報告されています。

歯周病の初期症状はほとんどありません
歯ぐきの腫れや出血・歯がグラグラしてきた・口臭がするなどの症状が現れたときには、かなり進んでいます。さらに進行すると歯槽骨が溶けて歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯周病は歯周病菌が引き起こす感染症ですが、生活習慣との関わりも深く、ストレスや喫煙などは最大のリスクファクター(危険因子)とも言われています。感染を防ぐためにも、プラークコントロールや全身の健康管理、あるいは生活習慣の改善が不可欠といえるでしょう。

【歯周病とは?】歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気

歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気●溶けた歯槽骨は元に戻りません
●定期的な健診や歯石の除去は重要

私たちの歯は、歯槽骨(しそうこつ)という骨に支えられていますが、何らかの原因によりこれが溶かされてしまうことがあります。その病気が歯周病です。

早期治療を行えば、進行を抑えることが可能
悪化すると歯が抜け落ちてしまいますが、早期治療を行えば、進行を抑えることができます。とはいえ、一度溶けてしまった歯槽骨を再生させるには、大がかりな外科的処置が必要です。悪化させないためにも、定期健診や歯石の除去を受けましょう。

知っていますか?「歯周病」は全身疾患を引き起こします

「歯周病」は全身疾患を引き起こします●歯周病は糖尿病や脳卒中の原因
●お口の健康は、全身の健康

歯周病は、単にお口の中だけでなく、全身疾患とも深い関わりがある病気です。血液の中に入り込んだ歯周病菌が全身に巡ると、糖尿病・脳卒中など、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

定期健診を受けて、大切な歯を守りましょう。
お口の中の状態は、健康のバロメーターにもなりますので、定期健診を受けて、大切な歯を守りましょう。当院では、患者さまの口腔環境に合わせたブラッシング指導も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病がもたらす全身疾患

・肥満
肥満気味の人は、脂肪細胞により全身の炎症が起きやすい傾向にあり、歯周病の炎症を悪化させる原因となります。逆に、歯周病が起こす炎症が、肥満に繋がるとも言われています。

・糖尿病
糖尿病は血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ちる病気です。歯周病に感染すると、糖尿病が悪化し、さまざまな合併症を引き起こすことがあります。

・脳卒中
血液の中に、歯周病菌が作ったアテローム性プラークが流れ込むと血栓ができ、血液を塞いでしまいます。それが脳卒中を引き起こす原因となります。

・早産/低体重児出産
妊婦さんの血中濃度が歯周病菌の毒素や炎症物質で高まると、子宮筋が収縮して早産を招く恐れがあります。

・誤嚥(ごえん)性肺炎
唾液の中に口内細菌が混じり、気道から肺に入ることで起こる肺炎です。高齢者の死亡原因として多い病気です。

歯周病を予防する効果的な方法

歯周病を予防する効果的な方法●効果的なブラッシング
●歯周病を治療する予防歯科

歯周病予防は、毎日の歯磨き(ブラッシング)から始まります。その効果を高めるには、患者さまの歯や歯ぐきの状態に合わせたブラッシングが重要となります。

定期的な歯のクリーニングをおすすめします
当院では、虫歯や歯周病から大切な歯を守るために、一人ひとりの患者さまに合わせた歯磨き指導を行っています。さらに、より効果を高めてくれるのが、歯周病の原因となる歯石(歯垢の塊)を取り除く歯のクリーニングです。定期的に受けることによって、一層効果が高まりますので、数ヶ月に一度のメンテナンスをおすすめいたします。

【インプラント治療】何でも噛める歯を取り戻したい方へ

「歯を削るブリッジはイヤ」「入れ歯は入れたくない」
そんな方におすすめしたい治療が、インプラントです。
インプラント

インプラント治療とは、あごの骨にインプラント体(人工歯根)を埋入し、その上から人工歯を被せる治療方法です。自然な歯並びと噛み合わせを取り戻し、失われた歯の機能が回復できます。

「第2の永久歯」といわれるインプラント
ところで、失われた歯を補う治療には、インプラント・入れ歯・ブリッジの3種類があります。長所と短所はそれぞれありますが、その中でも特に注目されているのがインプラントです。「第2の永久歯」とも呼ばれ、最近では第一選択として検討する方も増えています。

インプラントのメリット
限りなく自然の歯に近い噛み心地と、天然歯と遜色のない美しさ。硬い物でも噛めるようになり、気持ちや表情まで若返ります。特にお口元は心理面にも影響するため、慎重に治療方法を選択しなければなりません。メリットとデメリットをよく理解した上で、ご自身に合った治療法を選択しましょう。

このページでは、インプラント治療についてご説明いたします。

インプラント治療は、世界中で支持されている優れた治療

インプラント治療は、世界中で支持されている優れた治療当院では、失われた歯の機能を回復するために、インプラント治療を行っています。スウェーデンで生まれたこの治療は、既に30年以上の治療実績があり、失った歯と歯根の両方を回復する優れた治療として、世界各国で支持されてきました。

インプラント治療では、あごの骨の中に、チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入し、その上から人工歯を被せて固定します。天然歯と変わりない噛み心地と、自然の歯と遜色のない美しさを取り戻すことができます。

症例別 インプラント治療例

歯を1本失った場合インプラント治療例
歯を失った部位にインプラント体を1本埋入します。従来のブリッジ治療では、両隣の歯を削るため健全な歯を傷つけていました。これに対し、インプラント治療では他の歯を削らずに治療ができます。

歯を複数本失った場合インプラント治療例
インプラント治療では、歯を失った部位に合わせてインプラントを埋入します。従来は、部分入れ歯を作り、金属バネで安定させていました。インプラントにより、金属バネによる違和感が解消できます。

歯を全て失った場合インプラント治療例
従来の入れ歯治療ではなく、インプラント治療を行います。インプラントにすることで、食物が入れ歯と上あごの間に挟まるなどのトラブルを解消することができます。

インプラントの治療の流れ

【1】審査と治療計画
事前検査を行い、インプラント治療が可能かどうかを審査します。その結果を基に治療計画を立てます。
次へ
【2】フィクスチャー埋入の手術
歯が抜けた部位のあごの骨の中に、インプラント体(人工歯根)の移植手術を行います。
局所麻酔による手術ですので、痛みもなく安心してお受けください。
次へ
【3】治癒期間
手術後、骨とインプラント体が結合されるまでに3~6ヶ月かかります。
なお、必要に応じて、この期間に仮歯を入れることもあります。
次へ
【4】アパットメントの連結
人工歯の支台となるアパッチメントをインプラント体に接続します。
なお、このとき、簡単な手術を行う場合もあります。
次へ
【5】人工歯の装着
お口の中全体の型採りをし、人工歯を作ります。
その後、アパットメントの上に人工歯を装着して治療が完了します。
次へ
【6】メンテナンス
インプラントを長く使い続けるためには。お手入れが欠かせません。
毎日の正しい歯磨きを心がけ、半年に一度の定期的なメンテナンスを受けて、安定した状態を保ちましょう。

審美歯科治療 調和のとれた、美しいお口元を作る

歯の美しさや白さを重視した治療が、審美歯科治療です。当院では、虫歯や歯周病の処置と併せて、お口元がより美しく見える治療を心がけています。審美歯科においては、さらに美しさを高める治療を行っています。
審美治療・ホワイトニング

歯のくすみを落として白くしたい方や,笑ったとき銀歯が気になる方は、ぜひ、当院にご相談ください。患者さまのお悩みやご要望を伺いながら、その方に合った理想的な噛み合わせと、調和の取れた美しさをお作りします。
症例:オールセラミック

このページでは、当院の審美歯科治療・ホワイトニングについてご紹介いたします。

審美歯科はこんな方におすすめ
・歯を美しく見せたい
・歯の形や大きさが気になる

技工士との連携が実現する、完成度の高い審美歯科

審美治療・ホワイトニング審美歯科治療において重要な役割を果たしているのが、補綴物(詰め物や被せ物)です。完成度の高い補綴物はぴったりと被さり、歯や歯肉の間に隙間ができません。

当院では、10年以上のお付き合いがある技工士と連携しています。非常にこだわりを持つ技工士で、高い技術力と研ぎ澄まされた感性を併せ持つアーティストです。完成品は人工歯の域を超え、「作品」といえるほどの美しさと精巧さを兼ね備えています。また、優秀賞を受賞し、専門誌で紹介されるほどです。院長と技工士のコンビネーションが、完成度の高い審美歯科治療を実現します。

当院の審美メニュー

オールセラミック【オールセラミック】耐久性に優れ、自然な透明感を再現
オールセラミックとは、セラミック素材(陶器)でできている人工歯です。自然な透明感と、豊富な色調が再現でき、周囲の歯の色と馴染ませることができます。また、耐久性にも優れているので、前歯や奥歯の治療など、場所を選ばすに使うことができます。金属を一切使っていませんので、金属アレルギーがある方でも安心してお使いいただけます。

<オールセラミックのメリット>
・透明感のある歯を再現できる
・金属アレルギーの方でも安心
・歯ぐきの変色や金属サビの心配がない

<オールセラミックのデメリット>
・自費治療となるため、費用が高い
・メタルボンドと比較すると割れやすい

メタルボンド【メタルボンド】高い強度を持ち、自然な美しさを再現
歯の土台を金属で作り、その上からセラミックを覆った人工歯です。セラミックの特徴はそのままに、自然な歯の色合いを再現することができます。土台部には金属を用いています。オールセラミックに比べると強度が高く、費用も抑えられますが、金属アレルギーがある方には、注意が必要です。

<メタルボンドのメリット>
・金属を使っているため、耐久性が高い
・汚れが付きにくく、変色も少ない
・ブリッジなどの治療にも使える

<メタルボンドのデメリット>
・金属の影響で、歯や歯ぐきが黒ずんでしまうことも
・オールセラミックと比較すると、やや透明感が落ちる

【ホワイトニング】歯を削らずに自然な白さにする

ホワイトニングホワイトニングとは、専用の薬を使って歯を削らずに白くする治療です。ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、薬が内側に浸透していき白くなります。PMTCやクリーニングでは取り除けない、茶シブやワイン、コーヒーなどの飲食物の着色やタバコのヤニなどの汚れをキレイに落とすことができます。施術後は、自然な白さと見違えるような美しさが蘇ります。なお、当院では、状況に合わせて3種類のホワイトニングをご用意しています。

歯医者さんで白くする【オフィス・ホワイトニング】
歯科医院で施術を受けるホワイトニングです。1~2回の通院で歯が白くなり、ご多忙な方に適しています。強めの薬剤を使用するため、患者さまによってはしみることもありますが、白さを追求する方や、後戻りを防ぎたい方にはおすすめです。

家にいながら白くなる【ホーム・ホワイトニング】
自宅にいながら、歯を白くするホワイトニングです。お好きな時間にできるので、忙しくて通院できない方に適しています。ただし、オフィス・ホワイトニングに比べると薬の濃度が弱く、好みの白さになるまでには2週間程かかります。

歯医者さんと自宅で行う【デュアル・ホワイトニング】
オフィス・ホワイトニングとホーム・ホワイトニングの両方のメリットを取り入れた治療方法です。それぞれの相乗効果により、短期間で効果が現れ、後戻りも抑えることができます。

当院のデンタルエステのメニュー

デンタルエステ

クリーニング(PMTC)
毎日歯を磨いていても、汚れを100%落とすことはできません。特に茶しぶや飲食物の着色、たばこのヤニなどは、いくら磨いても汚れが残ってしまいます。

こうした汚れをキレイに取り除いてくれのがPMTC、歯の専門家が行う本格的な歯のクリーニングです。専用器具を使い、特殊な研磨剤を含むジェット水流で、歯の隅々の残っている汚れをきれいに落とします。施術後は歯の表面がツルツルになり、お口の中には爽快感が広がり、歯周病予防にも効果的な施術です。

ナノケア(エナメルケアトリートメント)
歯と同じ成分のハイドロキシアパタイトを歯面に優しく刷り込み、歯磨きなどによる傷を埋めていくので、歯の表面が凹凸のない、滑らかな歯に修復します。 定期的に受けることで汚れや着色が付きにくくくなり、知覚過敏や虫歯予防にも効果的です。

これからは、髪の毛を洗った後にトリートメントをするように、エステ感覚で歯のトリートメントを受ける時代といえるかもしれません。

メラニン除去
歯ぐきの黒ずみの多くは、メラニン色素や加齢が原因です。しかし、たとえ健康でも、歯ぐきが黒ずんでいるだけで顔色が悪くなり、不健康そうな印象を与えてしまいます。

メラニン除去は、特殊な薬を使い、歯ぐきの黒ずみを取り除き、健康的できれいなピンク色の歯ぐきにする治療です。歯ぐきがピンク色になるだけで、お口元の輝きを増し、健康的で若々しい印象を与えてくれます。

イリゲーション
歯周ポケット内の歯周病菌は、どんなに丁寧に歯を磨いても、絶えず増殖を繰り返しています。そんな歯周病菌除去に効果的な治療が、超音波を使ったイリゲーションです。超音波でジェット水流を流して酸素を送り込みながら、歯ブラシが届かない隅々まで洗い流し、歯周病菌を根こそぎ退治します。出血の多い方、腫れやすい方に、特に効果的です。

ナノケア(エナメルトリートメントケア) 目に見えない傷を修復

ナノケア歯の表面には、目には見えない無数の傷や凹凸があります。これが原因で、虫歯や歯周病を引き起こすことも少なくありません。しかし、これまでの歯のクリーニングは、歯の表面を研磨するだけで、傷や凹凸の修復までには至りませんでした。そんな中、期待されているのが、ダメージを受けた歯を修復してくれるナノケア(エナメルトリートメントケア)です。

ナノケアの流れ
STEP1:歯の表面を清掃
STEP2:歯の表面に付着した有機質や有機系汚染物を徹底的に除去
STEP3:ナノ粒子ハイドロキシアパタイトペーストを塗り込む
STEP4:カルシウムイオンや低濃度フッ化物ジェルで歯の表面の再石灰化を促進

ナノケアの目的は、歯面にできた傷を修復することです。ナノ粒子で傷を修復し、カルシウムイオンなどの力で再石灰化を促進します。汚れが付きにくく、歯質も強くなりますので、虫歯や歯周病、あるいは知覚過敏の予防にも効果的です。

自宅でのセルフケアと併せて、歯科医院で定期的に施術を受けると、より一層の効果が期待できます。

参考資料:加藤正治著「エナメル質・象牙質・補綴物のプロフェッショナルケア」

ダイレクトボンディング 透明感のある白くて美しい歯

「歯をできるだけ削りたくない」「奥歯の金属の詰め物を白くしたい」「歯が欠けた部分をキレイに治したい」
このような方に最適な治療が、ダイレクトボンディングです。
ダイレクトボンディング 透明感のある白くて美しい歯

透明感のある質感と豊富な色調のダイレクトボンディング
ダイレクトボンディングとは、型を採らず、直接歯の上に歯科治療用の特殊プラスチックを重ねていく治療として注目されています。

従来の保険適用のプラスチックでは、複雑な歯の質感まで再現することは素材的に不可能でした。こうした問題は、ダイレクトボンディングの開発により、透明感のある質感と豊富な色調、自然な形を再現できるようになりました。また変色も少なく、長期に渡り美しさを保ち続けることが可能です。
症例:ダイレクトボンディング

奥歯の処置もご相談ください
とはいえ、ダイレクトボンディングは技術を要する治療です。当院の院長はダイレクトボンディングの技術に精通していますので、他院では断られがちな奥歯の処置もいたします。奥歯に詰めた金属を詰め替えたい方などは、ぜひご相談ください。

このページでは、当院の一般歯科についてご説明いたします。

削る量をできるだけ抑えて、歯を長持ちさせる

削る量をできるだけ抑えて、歯を長持ちさせる●拡大鏡を使って、細部を確認し正確な診断をする
●ダイレクトボンディングで悪い部分だけ削る

当院では、患部だけを最小限に削る「ミニマムインターベンション(MI治療)」を取り入れた治療を行っています。

従来の虫歯治療では、虫歯に感染していない部分も削り取り、再感染を防いできました。また、神経の近くに虫歯が達しているときは、神経を取る治療(抜髄)を施しました。しかし、こうした処置は歯をもろくする上、歯の寿命を縮める恐れがあります。

当院のMI治療は、マイクロスコープ(歯科用拡大鏡)で患部を拡大し、ダイレクトボンディング法(CR)で悪い部分だけを削ります。一度削ってしまった歯は再び戻ることはありません。歯を長持ちさせる治療、それが当院のMI治療です。

ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)

虫歯の部分だけを確実に削り取る治療です。「最小限の侵襲」と訳され、感染部をピンポイントで削るので、歯にほとんどダメージを与えません。さらに神経も残すことができるので、歯の寿命を延ばすこともできます。
 

痛みの少ない治療で、治療中の不安を取り除く

痛みの少ない治療で、治療中の不安を取り除く痛くない麻酔の工夫
当院では、麻酔注射につきものの痛みをできるだけ少なくするために、さまざまな工夫をしています。その一つが、針を刺すときの工夫です。

表面麻酔を施した後に軽く唇を引っ張っります。そのまま待っていると針の上に自然に覆い被さるので、"チクっ"とした感覚がほとんどありません。また、人肌に温めた麻酔液を使用すると、注入時の不快感を抑えることができます。

治療後に「え!?麻酔したんですか?」と驚かれる患者さまがほとんどです。万全の痛み対策を取っていますので、痛みに敏感な方でも安心してお任せください。

レーザー治療レーザー治療
当院では、歯科医療用レーザー治療器具を導入し、痛みの少ないレーザー治療を行っています。レーザー治療の特徴の一つに、麻酔を使わずに処置ができるので痛みがほとんどないことが挙げられます。また、殺菌作用があるので、通常の処置に比べると回復力が早く、傷口もキレイに治ります。

ところで、レーザーには炭酸ガスレーザーや半導体レーザー、YAGレーザーなどがあり、各性質が異なりますが、照射すると熱が発生して痛みを伴うものがあります。その中でも特に痛みが少ないレーザーが、Er:YAGレーザーです。

このレーザーのメカニズムは、先端から噴霧する水にあり、患部を冷却しながら照射すると一瞬にして水分が蒸発し、痛みを与えずに素早く治療することができます。

待たずに治療できる完全予約制

待たずに治療できる完全予約制当院は、オフィス街にあるため、患者さまの多くは、時間の合間を縫って診療に訪れます。患者さまの貴重なお時間を無断にはできませんので、完全予約制を導入しています。

診療時間はお一人30分。じっくり治療をしているつもりですが、患者さまからは手早い治療と言われることもあります。患者さまをお待たせしないために、時間厳守を心がけていますので、ご理解いただければ幸いです。

詳しくはこちら
 

削る量を抑えて1回で終わる虫歯治療

削る量を抑えて1回で終わる虫歯治療歯をほとんど削らず、治療回数が1回で終わりリーズナブルな治療として注目されているのが、「ダイレクトボンディング」です。ダイレクトボンディングとは、型を採らず、直接歯の上に歯科治療用の特殊プラスチックを重ねる治療です。

従来の保険適用のプラスチックでは、複雑な歯の質感まで再現することは素材的に不可能でした。ダイレクトボンディングの開発により、透明感のある質感と豊富な色調、自然な形を再現できるようになりました。

詳しくはこちら
 

最新治療器具を用いた精密な診断

最新治療器具を用いた精密な診断歯科治療は、細かい作業を必要とします。特に歯の根は複雑な形状をしている上に、肉眼では確認できないため、ドクターの技術力に左右されます。

当院では、歯科用拡大鏡(テレスコープ、ルーペ)を使用した、精度の高い確かな治療を行っています。これにより、今まで確認できなかった微小な虫歯感染まで確認でき、削る量も最低限に抑えることができるようになりました。

詳しくはこちら
 

わかりやすく写真で説明

わかりやすく写真で説明当院では、毎回治療内容の説明を行っていますが、口頭ではどうしても伝えきれないことがあります。そこで、毎回治療前・中・後の口腔内写真を撮影し、写真をお見せしながら、治療内容を説明しています。

言葉で説明するよりも説得力があり、治療内容が一目瞭然で分かりますので信頼感にも繋がります。患者さまのご希望に合わせた治療を心がけていますので、気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
 

できるだけ痛みを少なくする治療

できるだけ痛みを少なくする治療麻酔注射につきものの痛みをできるだけ少なくするために、さまざまな工夫をしています。その一つが、針を刺すときの工夫です。表面麻酔を施した後に軽く唇を引っ張ります。そのまま待っていると針の上に自然に覆い被さるので、"チクっ"とした感覚がほとんどありません。また、人肌に温めた麻酔液を使用すると、注入時の不快感を抑えることができます。

詳しくはこちら
 

美しさと機能性を追求した審美歯科

美しさと機能性を追求した審美歯科当院では、虫歯や歯周病の処置と併せて、お口元がより美しく見える治療を心がけています。審美歯科においては、さらに美しさを高める治療を行っています。

歯のくすみを落として白くしたい方や、笑ったとき銀歯が気になる方は、ぜひ当院にご相談ください。ホワイトニングも行っていますので、患者さまのお悩みやご要望を伺いながら、その方に合った理想的な噛み合わせと、調和の取れた美しさをお作りします。

詳しくはこちら


2012年6月29日 « トップへ » 2012年12月27日



TOPへ