トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » できるだけ痛みを少なくする治療

できるだけ痛みを少なくする治療

できるだけ痛みを少なくする治療麻酔注射につきものの痛みをできるだけ少なくするために、さまざまな工夫をしています。その一つが、針を刺すときの工夫です。表面麻酔を施した後に軽く唇を引っ張ります。そのまま待っていると針の上に自然に覆い被さるので、"チクっ"とした感覚がほとんどありません。また、人肌に温めた麻酔液を使用すると、注入時の不快感を抑えることができます。

詳しくはこちら
 


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » できるだけ痛みを少なくする治療



TOPへ