トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 拡大鏡 » さまざまな治療で活躍する拡大鏡

さまざまな治療で活躍する拡大鏡

拡大鏡虫歯治療では?
●虫歯になっている部分を確実に見極められる
●削る量を最小限にできる
●隙間なく詰められるから再発を防止できる
●本来抜歯しか方法がない場合でも歯を残せる可能性が飛躍的に上がる

虫歯を作らないためには、削った部分を隙間なく詰めることが欠かせません。拡大鏡を使うことで高倍率で確認しながら治療が進められるため、削る量を最小限に抑えることができます。的確な診断と正確な治療は、再治療を減らすことにも繋がりますので、生涯における通院回数を減らす上でも重要といえるでしょう。

根管治療では?
●確実に治療の成功率が高くなる
●歯を残せる可能性が高くなる

根管治療はマイクロスコープを使用しながら行うのが一般的です。根管内は肉眼では見えないため、今までは手探りで治療を行っていました。拡大鏡を使うことで、隠れた根管までも確認できるようになり、より確実な治療を行うことができます。

審美歯科では?
●天然歯を見間違える美しい仕上がり
●わずかな不適合部分も見逃さず、長持ちさせることができる

肉眼では見えない微細な隙間が残ったまま詰め物や被せ物を入れると、そこから細菌が侵入して歯の状態を悪くさせる恐れがありました。拡大鏡の使用により、不適合が改善され、より完成度の高い審美歯科治療が可能になります。

外科処置において(歯周外科、インプラント、抜歯など)
●治療後の痛みや腫れが少なくなる
●髪の毛よりも細い糸で傷口の縫合する
●インプラント治療においても良好な結果を得られる

拡大鏡を使うことで、非常に小さいメスを用いた手術が可能です。傷口の縫合も髪の毛より細い糸を使うことができ、術後の痛みや不快感を抑えることができます。

また、外科手術のストレスやリスクを最小限に抑えることができます。最小限の施術により術後の腫れや痛みが抑えられ、従来の手術よりも傷口の治りも早まるといったメリットもあります。特に審美性を重要する前歯のインプラント治療では、重要な役割を果たしているといえるでしょう。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 拡大鏡 » さまざまな治療で活躍する拡大鏡



TOPへ