トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 拡大鏡 » 【拡大鏡】治療の精度を高める拡大鏡

【拡大鏡】治療の精度を高める拡大鏡

歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。特に歯の根は複雑な形状をしている上に、肉眼では確認できないため、ドクターの技術力に左右されます。
拡大鏡

当院では、歯科用拡大鏡(テレスコープ、ルーペ)を使用した、精度の高い確かな治療を行っています。これにより、今まで確認できなかった微小な虫歯感染まで確認でき、削る量も最低限に抑えることができるようになりました。

拡大鏡とは?
歯科用拡大鏡(テレスコープ、ルーペ)とは、歯を拡大して見るための虫眼鏡のような道具です。肉眼では見えなかった歯の微細な凹凸、隠れた根管、補綴物と歯肉の間の隙間などが確認でき、削る量も最低限に抑えることができます。拡大鏡の使用により、診断の正確さが高まり、より安全な治療方法やアプローチが可能になります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 拡大鏡 » 【拡大鏡】治療の精度を高める拡大鏡



TOPへ