トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント » インプラントの治療の流れ

インプラントの治療の流れ

【1】審査と治療計画
事前検査を行い、インプラント治療が可能かどうかを審査します。その結果を基に治療計画を立てます。
次へ
【2】フィクスチャー埋入の手術
歯が抜けた部位のあごの骨の中に、インプラント体(人工歯根)の移植手術を行います。
局所麻酔による手術ですので、痛みもなく安心してお受けください。
次へ
【3】治癒期間
手術後、骨とインプラント体が結合されるまでに3~6ヶ月かかります。
なお、必要に応じて、この期間に仮歯を入れることもあります。
次へ
【4】アパットメントの連結
人工歯の支台となるアパッチメントをインプラント体に接続します。
なお、このとき、簡単な手術を行う場合もあります。
次へ
【5】人工歯の装着
お口の中全体の型採りをし、人工歯を作ります。
その後、アパットメントの上に人工歯を装着して治療が完了します。
次へ
【6】メンテナンス
インプラントを長く使い続けるためには。お手入れが欠かせません。
毎日の正しい歯磨きを心がけ、半年に一度の定期的なメンテナンスを受けて、安定した状態を保ちましょう。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント » インプラントの治療の流れ



TOPへ