トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科 » 削る量をできるだけ抑えて、歯を長持ちさせる

削る量をできるだけ抑えて、歯を長持ちさせる

削る量をできるだけ抑えて、歯を長持ちさせる●拡大鏡を使って、細部を確認し正確な診断をする
●ダイレクトボンディングで悪い部分だけ削る

当院では、患部だけを最小限に削る「ミニマムインターベンション(MI治療)」を取り入れた治療を行っています。

従来の虫歯治療では、虫歯に感染していない部分も削り取り、再感染を防いできました。また、神経の近くに虫歯が達しているときは、神経を取る治療(抜髄)を施しました。しかし、こうした処置は歯をもろくする上、歯の寿命を縮める恐れがあります。

当院のMI治療は、マイクロスコープ(歯科用拡大鏡)で患部を拡大し、ダイレクトボンディング法(CR)で悪い部分だけを削ります。一度削ってしまった歯は再び戻ることはありません。歯を長持ちさせる治療、それが当院のMI治療です。

ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)

虫歯の部分だけを確実に削り取る治療です。「最小限の侵襲」と訳され、感染部をピンポイントで削るので、歯にほとんどダメージを与えません。さらに神経も残すことができるので、歯の寿命を延ばすこともできます。
 


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科 » 削る量をできるだけ抑えて、歯を長持ちさせる



TOPへ