トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療

【歯周病治療】歯ぐきの状態が気になる方へ

歯周病とは、歯を支えている骨や歯肉の病気です。歯周病予防の第一歩は、歯周病について正しい知識を身に付け、毎日の手入れをきちんと行うことです。大切な歯を守るためにも、歯周病についての理解を深めましょう。

歯周病治療

このページでは、当院の歯周病治療についてご紹介いたします。

こんな方はぜひ歯周病治療を
・歯肉が腫れている
・歯肉が赤い、または紫がかっている
・口臭がする
・虫歯でもないのに歯がグラグラしている
・歯と歯の間の隙間が大きくなって食べ物が挟まりやすくなった

【歯周病とは?】「歯周病」の基礎知識

「歯周病」の基礎知識●成人の80%以上が歯周病
●ストレスや喫煙は歯周病の原因

歯周病は、歯を失う原因のトップに挙げられている、お口の中の病気です。厚生労働省の調査によると、日本人成人の内、約80%が歯周病に感染していると報告されています。

歯周病の初期症状はほとんどありません
歯ぐきの腫れや出血・歯がグラグラしてきた・口臭がするなどの症状が現れたときには、かなり進んでいます。さらに進行すると歯槽骨が溶けて歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯周病は歯周病菌が引き起こす感染症ですが、生活習慣との関わりも深く、ストレスや喫煙などは最大のリスクファクター(危険因子)とも言われています。感染を防ぐためにも、プラークコントロールや全身の健康管理、あるいは生活習慣の改善が不可欠といえるでしょう。

【歯周病とは?】歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気

歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気●溶けた歯槽骨は元に戻りません
●定期的な健診や歯石の除去は重要

私たちの歯は、歯槽骨(しそうこつ)という骨に支えられていますが、何らかの原因によりこれが溶かされてしまうことがあります。その病気が歯周病です。

早期治療を行えば、進行を抑えることが可能
悪化すると歯が抜け落ちてしまいますが、早期治療を行えば、進行を抑えることができます。とはいえ、一度溶けてしまった歯槽骨を再生させるには、大がかりな外科的処置が必要です。悪化させないためにも、定期健診や歯石の除去を受けましょう。

知っていますか?「歯周病」は全身疾患を引き起こします

「歯周病」は全身疾患を引き起こします●歯周病は糖尿病や脳卒中の原因
●お口の健康は、全身の健康

歯周病は、単にお口の中だけでなく、全身疾患とも深い関わりがある病気です。血液の中に入り込んだ歯周病菌が全身に巡ると、糖尿病・脳卒中など、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。

定期健診を受けて、大切な歯を守りましょう。
お口の中の状態は、健康のバロメーターにもなりますので、定期健診を受けて、大切な歯を守りましょう。当院では、患者さまの口腔環境に合わせたブラッシング指導も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯周病がもたらす全身疾患

・肥満
肥満気味の人は、脂肪細胞により全身の炎症が起きやすい傾向にあり、歯周病の炎症を悪化させる原因となります。逆に、歯周病が起こす炎症が、肥満に繋がるとも言われています。

・糖尿病
糖尿病は血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ちる病気です。歯周病に感染すると、糖尿病が悪化し、さまざまな合併症を引き起こすことがあります。

・脳卒中
血液の中に、歯周病菌が作ったアテローム性プラークが流れ込むと血栓ができ、血液を塞いでしまいます。それが脳卒中を引き起こす原因となります。

・早産/低体重児出産
妊婦さんの血中濃度が歯周病菌の毒素や炎症物質で高まると、子宮筋が収縮して早産を招く恐れがあります。

・誤嚥(ごえん)性肺炎
唾液の中に口内細菌が混じり、気道から肺に入ることで起こる肺炎です。高齢者の死亡原因として多い病気です。

歯周病を予防する効果的な方法

歯周病を予防する効果的な方法●効果的なブラッシング
●歯周病を治療する予防歯科

歯周病予防は、毎日の歯磨き(ブラッシング)から始まります。その効果を高めるには、患者さまの歯や歯ぐきの状態に合わせたブラッシングが重要となります。

定期的な歯のクリーニングをおすすめします
当院では、虫歯や歯周病から大切な歯を守るために、一人ひとりの患者さまに合わせた歯磨き指導を行っています。さらに、より効果を高めてくれるのが、歯周病の原因となる歯石(歯垢の塊)を取り除く歯のクリーニングです。定期的に受けることによって、一層効果が高まりますので、数ヶ月に一度のメンテナンスをおすすめいたします。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングを行っております

トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療



TOPへ