トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント

【インプラント治療】何でも噛める歯を取り戻したい方へ

「歯を削るブリッジはイヤ」「入れ歯は入れたくない」
そんな方におすすめしたい治療が、インプラントです。
インプラント

インプラント治療とは、あごの骨にインプラント体(人工歯根)を埋入し、その上から人工歯を被せる治療方法です。自然な歯並びと噛み合わせを取り戻し、失われた歯の機能が回復できます。

「第2の永久歯」といわれるインプラント
ところで、失われた歯を補う治療には、インプラント・入れ歯・ブリッジの3種類があります。長所と短所はそれぞれありますが、その中でも特に注目されているのがインプラントです。「第2の永久歯」とも呼ばれ、最近では第一選択として検討する方も増えています。

インプラントのメリット
限りなく自然の歯に近い噛み心地と、天然歯と遜色のない美しさ。硬い物でも噛めるようになり、気持ちや表情まで若返ります。特にお口元は心理面にも影響するため、慎重に治療方法を選択しなければなりません。メリットとデメリットをよく理解した上で、ご自身に合った治療法を選択しましょう。

このページでは、インプラント治療についてご説明いたします。

インプラント治療は、世界中で支持されている優れた治療

インプラント治療は、世界中で支持されている優れた治療当院では、失われた歯の機能を回復するために、インプラント治療を行っています。スウェーデンで生まれたこの治療は、既に30年以上の治療実績があり、失った歯と歯根の両方を回復する優れた治療として、世界各国で支持されてきました。

インプラント治療では、あごの骨の中に、チタン製の人工歯根(インプラント体)を埋入し、その上から人工歯を被せて固定します。天然歯と変わりない噛み心地と、自然の歯と遜色のない美しさを取り戻すことができます。

症例別 インプラント治療例

歯を1本失った場合インプラント治療例
歯を失った部位にインプラント体を1本埋入します。従来のブリッジ治療では、両隣の歯を削るため健全な歯を傷つけていました。これに対し、インプラント治療では他の歯を削らずに治療ができます。

歯を複数本失った場合インプラント治療例
インプラント治療では、歯を失った部位に合わせてインプラントを埋入します。従来は、部分入れ歯を作り、金属バネで安定させていました。インプラントにより、金属バネによる違和感が解消できます。

歯を全て失った場合インプラント治療例
従来の入れ歯治療ではなく、インプラント治療を行います。インプラントにすることで、食物が入れ歯と上あごの間に挟まるなどのトラブルを解消することができます。

インプラントの治療の流れ

【1】審査と治療計画
事前検査を行い、インプラント治療が可能かどうかを審査します。その結果を基に治療計画を立てます。
次へ
【2】フィクスチャー埋入の手術
歯が抜けた部位のあごの骨の中に、インプラント体(人工歯根)の移植手術を行います。
局所麻酔による手術ですので、痛みもなく安心してお受けください。
次へ
【3】治癒期間
手術後、骨とインプラント体が結合されるまでに3~6ヶ月かかります。
なお、必要に応じて、この期間に仮歯を入れることもあります。
次へ
【4】アパットメントの連結
人工歯の支台となるアパッチメントをインプラント体に接続します。
なお、このとき、簡単な手術を行う場合もあります。
次へ
【5】人工歯の装着
お口の中全体の型採りをし、人工歯を作ります。
その後、アパットメントの上に人工歯を装着して治療が完了します。
次へ
【6】メンテナンス
インプラントを長く使い続けるためには。お手入れが欠かせません。
毎日の正しい歯磨きを心がけ、半年に一度の定期的なメンテナンスを受けて、安定した状態を保ちましょう。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングを行っております

トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント



TOPへ